衆院北海道2区補選は、いよいよ明日が投票日。松木けんこう候補の勝利へ、私も札幌北区と東区を駆け回っています。長野県・広島県と合わせた国政3選挙で野党統一候補が勝利できれば、政治の流れが必ず変わります。ご支持をお広げください。

 「息子が働いている飲食店も、コロナ禍でどうなるか。不安で仕方ありません」「店に卸す食材も減っているため、運送業の私も大幅減収」など切迫して実態が聞かれました。元看護師の方は「また感染が広がってきたのに、五輪に必要な医療スタッフなんて集められないでしょ」と、がむしゃらに開催へ突き進むことに憤慨していました。

 「学生の状況は1年がたっても、ほとんど変わっていない。明日にでも政権交代してほしい」。食料支援活動を続けている民青同盟員の言葉にハッとしました。

今になっても、食料支援の会場には開始前から学生が列をなします。退学や休学を本気で検討している人もいるでしょう。若い世代が希望を持てない状況に、一緒に怒らなければ。

 命とくらしを守る本気さがない菅政権に、ガツンと審判を下さねば。その思いで松木けんこう候補の支持を呼びかけてきました。

 立候補を取り下げた平岡大介さんも連日、支持のお願いに走り続けています。市民のみなさんもスタンディングや対話で大奮闘中。思いは一つ、国民にあたたかい政治の実現へ。本気で政権交代をめざし、私も最後まで全力を尽くします。