「二千万円なんて貯められない!」と、どこでも驚きと怒りの声があがっている年金問題。「もうけも少ない自営業で、夫の分しか年金保険料を払えず妻が無年金」「少ない国民年金から介護保険も引かれる。消費税なんて絶対に上げないで」との訴えが突き刺さります。

 ところが問題の報告書をなかったものとして、やり過ごそうとしている政府・与党。安倍首相にいたっては、高所得者の優遇を見直して財源をつくろうという日本共産党の提案を「ばかげた政策」と冷たく言い放ったではありませんか。くらしや年金より、大金持ちを大事にするのが安倍首相だと、よくよくわかりました。

 こんな政治には、庶民の怒りの声をぶつけなければいけない。そう街頭で私が呼びかけると、足を止めたり家から出て話を聞く方が必ずいます。その多くが低年金に苦しむ女性です。年金制度でも差別がある国だと、あらためて痛感するのです。

 年金は今の日本社会の縮図であり、一人ひとりの人生の写し鏡。ご苦労された人生が報われないまま老後を迎える国なんて、とても幸せな国とは言えない。若い人だって老後の不安はぬぐえない。なにが「一億総活躍社会」なのでしょうか。

 参議院選挙の公示が迫っています。くらしを守るなら、二千万円を貯めるより安倍政治を変えるほうが近道です。くらしの実感と怒りを共有して、安倍政治を変える道筋を堂々と訴えたい。日本共産党とはたやま和也へ、お力をお貸しください。