道内各地の台風被害の調査にまわると、想像を超える驚くような実態ばかりでした。畑が全面的になくなっている、線路が埋まるほどの土砂が流れている――。
 一週間に三つの台風に襲われ過去最高の雨量となり、大きな災害となりました。党道委員会は、私を本部長に、党道議団と森つねと道国政相談室長を副本部長とする災害対策本部を立ち上げました。私は十勝・日高・北見地方に足を運びました。
 土砂崩れの直撃を受けた日高町の水産加工会社では、「 従業員十人で泥をかきだした。四つある大型冷蔵庫のうち無事だったのは一つだけ」。常呂川の氾濫でタマネギ畑が全面流失した北見市端野の農家からは、「雪が降る前に農地改修できなければ、来年は営農できなくなる」。見渡す限り見えるのは、流木や土砂ばかりでした。
 端野で亡くなられた男性の、お父さんにもお会いしました。胸が痛みました。「 同じような被害が出ないように、政治でも力を尽くします」と話すことで、私も正直いっぱいでした。
 個別に省庁と連絡を取ったり、八月二十九日には紙智子・岩渕友の両参院議員と道議団とで、政府交渉をおこなうなかで要望を反映させました。さらに被害の把握を続け、政府へも二度三度と支援を求めます。再び台風・大雨が来ないとも限りませんので、ぜひ読者のみなさんもお気をつけください。