本会議場で自民党席からのヤジがすさまじいのは日常的なのですが、先日は公明党議員が日本共産党の「学費値上げ」プラスターについて“事実と違う”などと予算委員会で取り上げました。おおさか維新は改憲を安倍首相に呼びかけ、北海道では新党大地が“共産党と共闘できない”と自民党候補を支援。
 二大政党制や第三極の流れは日本共産党を前進させないための“仕掛け”でした。しかし、それらが破たんして日本共産党の議席が増えたなか、昨年は戦争法案の廃案をと市民と野党の共同も広がりました。政府・与党が危機感を覚えたのか、今の国会の動きは「数を頼み」に突破しようとする動きに見えます。
 なりふり構わず多数を獲得しようとする安倍政権のねらいは、年頭から強調してきた憲法を変えることにほかならないでしょう。憲法を壊す安倍政権の勢力か、憲法にもとづく国民と野党の共同か――通常国会で、その姿がハッキリしてきました。
 高速道路に乗ったら見える「合流注意」の看板のごとく安倍政治への危ない合流ですが、加えて憲法破壊という「逆走注意」の看板も見えてきます。衆院道五区補選と参院選は、日本の岐路を問う重要な選挙となります。
 安倍首相の答弁には、ごまかしが見られます。この間の論戦で日本共産党は、その一端を暴いてきました。ぜひとも国会の議論を見てほしい。新しい政治をつくろうと、議員団はみな本気で立ち向かっています。