いよいよ解散・総選挙! 一ヵ月もない超短期決戦ですが、全道の党と後援会、読者・支持者のみなさんと心ひとつにがんばります。力強い応援を心よりお願いします。
 北海道の比例定数は八。日本共産党の議席は決して「指定席」ではなく、十一年ぶりに勝ち取ったこの議席を二年十ヵ月で失うわけにいきません。同時に、比例二議席へ前進することが安倍政権を終らせる確かな保証になります。かわべ竜二比例予定候補と、全道で訴えぬきます。原稿を書いている時点では確定していませんが、小選挙区の共闘も必ず成功させたい。
 前回の選挙のことを思い出します。十二月という極寒・積雪のなかで文字どおり走り回ってビラを届けてくれた方、病院から力を振り絞って支持の電話をかけてくれた方、ドラムをたたいて宣伝を盛り上げてくれた方、おいしい食事を作ってくれた方、一生懸命に手を振ってくれた方、議会の合間に奮闘された地方議員さん、選挙事務所・地区委員会の支え‥‥他党と違う議席の重みが、日本共産党にあると痛感しながらたたかいました。
 当選後、国会で議員バッジをつけた時に同僚議員と「本当にバッジが重い」と話したことを覚えています。振り返れば反省ばかりの日々でしたが、道民の声を届ける大切さを痛感しました。安倍政権の暴走や強行採決の連発には、何度も怒りの声をあげました。もっと力をつけねばと心底、思いました。
 政治を変えるチャンスです。意気高くたたかいたい!