「 さっちゃん 」こと渡邊佐知子さんが、矢臼別に住み始めたのが二〇〇四年。川瀬氾二さんが亡くなられた後は、二頭の牛と犬と亀と暮らしながら矢臼別平和委員会の活動もされてきました。ご本人の意思でまわりに病状が知らされぬまま、六月二十五日に逝去。五十三歳でした。
 優しい笑顔を通して、揺るがぬ芯の強さが見える佐知子さんでした。先週六日に開かれた第五十二回矢臼別平和盆踊り。掲げられた遺影に「 これからも矢臼別が変わらないようにがんばりますから」と最後のあいさつをしてきました。
 私が矢臼別平和盆踊りへ初めて参加したのは一九九八年、合唱団の一員としてでした。当事は川瀬さんもお元気でした。川瀬さん・佐知子さんと矢臼別に住む方は変わりましたが、参加者みんなの平和への思いと憲法九条は変わらない。佐知子さんを悼みつつ、いつもと変わらず盛り上がる盆踊りに参加しながら、そう強く感じました。
 昼に道労連の総会を終えて、急いで車で駆けつけた青年たちがいました。ある青年が喜びながら「 学校で教えてもらった先生と、さっき会えたんですよ 」と教えてくれました。こうやって平和のバトンが引き継がれているんですね。きっと川瀬さんも佐知子さんも、喜んでくれていることでしょう。
 戦争法の発動と改憲へ突き進む安倍政権に、正面対決の秋が迫ってきています。変わらぬ矢臼別の風景と、平和に生きる権利を守るために力を尽くします。