日本共産党は議席を伸ばして躍進、自民党は過去最低の議席数を大幅に下回った東京都議選。安倍政権への明確な審判となりました。北海道からのたくさんの応援も、大きな力になりました。連帯の力が、政治を動かしました。
 私も連日、政党カーから支持を訴えましたが、足を止めて話しかける人の多くが「安倍首相はひどすぎる」と口をそろえていたのが大きな特徴でした。今後、安倍首相が逃げ続けたり暴走を加速するようなら、さらに大きな審判を受けることになるでしょう。いや、次なる政治戦となる衆議院選挙で必ずそうしたい!
 多くの選挙区で、市民と野党の共闘が進んだことも大きな財産となりました。日本共産党の候補を応援していただいたり、日本共産党も他候補の支援をしたり。これだけ多くの方と心を通わせて選挙をたたかったことは、次にも必ず生きるはず。このつながりが強まり広がることは、政治を変える希望の道だと確信しています。
 野党四党で臨時国会を開くよう求めつつ、私も北海道での活動を強めます。今週は道労連や北農中央会などとの懇談、釧路市での演説会、JR路線維持へ首長さんとの懇談などを予定しています。自民・公明による安倍政治が続けば、地方切り捨てが加速していくことは明らかです。戦争できる国づくりへ、憲法改悪の野望も安倍首相は捨てていません。私自身も多くの方とつながり、北海道の願いを背負って、さらに奮闘します。