いよいよ衆院道五区補欠選挙が告示されます。池田まきさんを共同候補とすることに合意して一ヵ月半、私も五区管内で野党共同の宣伝などに参加してきました。どこでも多くの方が「戦争する日本にはさせない」と、心ひとつに参加・行動していることに胸を熱くしてきました。必ず勝利へ!
 自公は「共闘は野合」「反対ばかりだ」と言いますが、国会でも北海道でも合意をもとに共同をしてるわけですから野合呼ばわりされる筋合いはありません。立憲主義も民主主義も壊したことを、自公は正当化するつもりでしょうか。その暴走に、多くの国民が怒っているのではありませんか。
 国会ではTPP審議が本格化し、私は特別委員会の委員となりました。運営を決める理事会にもオブザーバーとして参加しています。「情報開示は議論の前提だ」と、審議の前からせめぎ合いをしています。国民向けの説明会までしている他国から見れば、日本は情報隠しがひどすぎる。最近は「T(とんでもない)P(ペテンの)P(プログラム)」なる言葉も出てくるほどです。
 先日、国会に道内のある首長さんが見えられました。私を見るなり、腕をぎゅーっとつかんで「TPPを批准させないでよ」と一言。雪解けが進み農作業をしながら、多くの農家も注目するだろう国会論戦。批准など認められません。