いよいよ地方選挙の期間も残りわずか。後半戦となる市町村長・議員選挙は、どこも大激戦です。日本共産党候補の押し上げへ、さらにお力をお貸しください。
 新しい道議・札幌市議とともに、惜しくも議席に届かなかった前半戦候補のみなさんも休む間もなく応援にまわっています。ご本人はもとより、送り出されたご家族の気持ちを思うと本当に頭が下がります。――桜の咲かない春はない、努力を見てくれている人は必ずいる――以前に、私もこう励まされました。政治革新へ、引き続き力を合わせたい。
 衆議院では、医療保険改革案の審議が始まりました。国民健康保険会計へ、一般会計からの繰り入れが抑えられて、保険料(税)が引きあがる恐れがあります。どこまで国民負担増を押し付ければ気が済むのか。
 安倍首相は今月末から訪米し、手土産にTPP妥結に向けた譲歩をするのではと心配も広がっています。もちろん国会でも追及していきますが、この地方選で審判をくだす意味がさらに大きくなってきました。
 「これからは共産党が伸びるよ」と、ある自民党議員が私に声をかけました。そんなにひどい首相なら自民党でも声を上げてよと言いたくなりましたが、ともあれ相手も認める「自共対決」の情勢です。くらしも平和も守るため、あなたの町でも日本共産党の候補を押し上げてください。必ず政治は変わりますから!