12月31日

今年も1年、ご支援ありがとうございました。私にとっては党政策委員会副責任者に就任、市民と野党の共闘スタートとなった小選挙区道5区補選、連日のTPP特別委員会‥‥が大きなニュース。健康に過ごせたことは何よりでした。

12月30日

北海道の事務所も、今日が仕事納め。日程管理、交通手段の手配、要望などを受ける窓口、各種交渉での段取り、国会活動報告(ニュースや宣伝物作成)などなど、幅広い活動をスタッフが支えてくださいました。感謝は尽きません。

12月27日

紙智子参議、斉藤和子衆議とJA全中へ。農業の果たす多面的な役割を中心に、意見を交わしました。それにしても農協つぶしとも言える、官邸と規制改革推進会議の二人三脚ぶりはひどい。協同組合は組合員こそ主役です!

12月25日

しんぶん赤旗(北海道・東北版)の年明け企画として、「ユニキタ」(Unite & Fight Hokkaido)のみなさんと対談に。憲法を大切にしようとツイッターでキャンペーンしているとか。若い力に負けずに、私もがんばらないと!

12月24日

今日は札幌市厚別区(村上ひとし市議)、白石区(かわべ竜二比例予定・3区重複、伊藤りち子市議)との宣伝。車の窓を開けて「がんばって!」と声をかける方、飛び入りでチラシをまいてくれる方‥‥いろんな反応があって元気になります。

12月23日

雪も降る寒い1日でしたが、金倉まさとし道2区小選挙区予定候補と宣伝にまわると通りがかりの男性から「畠山さん、がんばってよ、頼んだよ! 安倍首相なんて、庶民のことなど考えていないんだ」と。ガッチリ握手し、うれしい出会いでした。

12月22日

昨日から引き続き、今日はJR北海道や道庁からヒアリング。JR北は財政の困難さを繰り返すばかりでしたが、原因は国鉄の分割・民営化にあるのであって自治体や住民に負担を願うのは筋が違うと思います。これまでの枠組みを見直し、国の責任が問われるべきです。

12月21日

今日・明日と、党国会議員団でJR北海道の調査に。今日は2班に分かれ、私は清水忠志衆議と沼田町(留萌本線)・浦臼町(札沼線)で懇談・調査。通学・通院、町づくりに欠かせない鉄路の意義をじっくり伺いました。

12月20日

福島農民連による政府・東電への要請に、岩渕友・紙智子の両参議と同席しました。除染、賠償‥‥今も続く深刻な事態に国も東電も誠実に対応すべき!と、議員の私たちも要求。納得のいかない線引きで、県民を分断すようなことも許されません。

12月19日

今日は朝から宣伝へ。日ロ首脳会談、鳥インフルエンザ、JR北海道など課題山積のなか、新たな決意でスタートです。少し寒さが緩んだせいか、チラシに手を伸ばしてくださる方も目立ったような。

12月18日

日本共産党北海道委員会の会議に、終日参加しました。来月1月15日から第27回党大会を開くにあたり、各地の党会議が開かれ活動の交流や方針の練り上げがおこなわれるのです。私も国会情勢をふまえてあいさつ。

12月17日

「戦争させない市民の風・北海道」などの共催で開かれた「緊急シンポジウム」に参加しました。民進党は荒井聡衆議、共産党は私がパネリストとして並ぶだなんて1年前には考えられなかったこと。政策も含めて、共闘を前へ!

12月16日

久しぶりに道庁前の反原発行動に参加。寒いなかでも5年以上、続けてこられたことに本当に頭が下がる思いです。新潟県知事選挙でも示された再稼働反対の民意。福島の深刻な状況を前に、再稼働なんてとんでもないです。

12月15日

日をまたいで、衆議院では内閣不信任案決議、カジノ解禁法案と本会議。カジノは修正案の質疑もせず、賛成討論もなく採決だけするとは何事か。暴走ここに極まれり! 自民・公明に維新も含めて、次の選挙で必ず審判を下さなければいけません。

12月13日

農水委員会での質問を終えて札幌の演説会へ、その間に年金もカジノも委員会採決と事態は急展開。特にカジノは、参院民進党が自民党と修正案で合意したようですが、事前に共産党はじめ他党にも連絡なしのようです。採決阻止へ、明日が山場です。

12月12日

紙智子参議院議員・斉藤和子衆議院議員といっしょに、磯崎陽輔・農林水産副大臣へ畜産・酪農に関する要請。明日は農林水産委員会で私も支援強化を訴えます。一方でEUとのEPA交渉が進むなか情報が出されません。とんでもない。

12月11日

荒天の北海道から何とか東京へ。航空会社や空港関連職員のみなさんも大変そう。空の安全や確実な移動など大変ありがたいことと、あらためて感じました。上京前には「教え子を再び戦争に送るな・北海道の会」の総会にも参加し、国会情勢を報告。

12月10日

生まれ故郷の石巻市で、国会情勢報告と日本共産党を語るつどい。両親や親戚も来てくれて、ありがたい限りです。住宅や水産振興での懇談もおこない、本格的な復興には支援の強化が必要と痛感。くらしと生業の再建こそ、基本に据えるべきです。

12月9日

参議院TPP特別委員会で協定・関連法案が可決! 安倍首相が「今後の貿易の基準になるもの」という主旨で答弁してきたことを見れば、さらなる譲歩を前提にした貿易交渉となるのは必至。日本の経済主権・食料主権を放棄するかのようです。

12月8日

震災復興特別委員会を終えて、日帰りで北海道へ。農水委員会での質問準備に、帯広市・幕別町で調査・懇談にまわりました。牛を相手に365日働き続ける酪農家の実態をふまえた、国の支援強化を!との思いが強まりました。

12月7日

TPP審議も最終盤の動きあり、国会内の集会で批准阻止の声を大きく!と私からも訴え。ネット番組「みわちゃんねる」に出演し、ここでもTPPについて話題に。とにかく暴走連続の政府・与党+維新に、国会内外で力を合わせて立ち向かいましょう。

12月6日

カジノ解禁法案が、じゅうぶんな審議も尽くさず本会議で採決! 賭博を解禁して、人の不幸を土台にした経済対策など論外です。ギャンブル依存症の広がり、暴力団などのマネーロンダリングなど問題山積。成立などとんでもない!

12月5日

参議院でTPPの審議が続いています。私は国会前集会で情勢報告や、今日は東京農工大で民主青年同盟の企画「どうなっているの? TPP」に参加と講演。学生たちの鋭い質問・疑問にも答えて、納得もしてもらえたようでした。

12月3日

時間をいただいて、子どもの学習発表会(学芸会)を見に行きました。子どもの成長は早いですね。どおりで私にも白髪が少し見えてもくるはず‥‥気持ちは若く、体力も減らさず、しかし体重は減らして(?)がんばります。

12月2日

衆院内閣委員会の採決の現場にいましたが、とんでもない! たった2日の質疑で、カジノ法案を通すとは! 問題山積、審議拙速、運営乱暴、政権暴走‥‥議員立法を、このような形で通すことさえ異例。廃案に!

12月1日

今日は安藤石典・根室町長(当時)が、GHQ・マッカーサー最高司令官に北方領土返還を求める陳情を出した日。「北方領土返還要求中央アピール行動」に私も参加し、心ひとつにがんばる決意です。写真は道農業会議との懇談を、紙智子参議院議員と。