4月30日

札幌で支持者宅など回り、しんぶん赤旗の日刊紙・日曜版とも購読してくださる方が増えました。うれしいですね。こうやってコツコツ歩き、生活実感や政治への要望を聞くのはとても大事なことと、議員になりいっそう感じている日々です。

4月29日

4月29日秋田市での演説会。前日に松浦ダイゴさんが野党共同候補として発表され、日本共産党の演説会にも最後までご参加くださいました。比例予定候補のいわぶち友さん・新比例予定候補の藤本ゆりさんも元気に決意表明。共同候補勝利と日本共産党の躍進を!

4月28日

衆議院選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部改正案。つまり「一票の格差」是正と定数削減=衆議院の小選挙区6減・比例4減というものです。しかし、この間の議論で定数削減は根拠も正当性も示されず。問題は議員数ではなく小選挙区制度!

4月27日

昨日の与野党幹事長・書記局長会談で、自民・谷垣幹事長から地震対応の補正予算とともにTPPの今国会成立断念・継続審議が表明。運動と論戦の成果!わずか数日間の審議でも、国会決議半は明確となりました。継続審議ではなく撤回・廃案こそ。

4月26日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

農林水産委員会で森林法改定案の審議・採決。保有者が見つからない、相続された方もほぼ放棄‥‥という状況で、山林を守る政府の取り組みはどうだったのか。5法案一括ではなく、抜本的に森林行政の総括をと求めました。


4月25日

地方創生特別委員会と農林水産委員会の連合審査。テーマは「企業の農地所有」です。私からは、保有を求める企業の役員である竹中平蔵氏が、みずから政府の機関でそれを決定するなんて甚だしいと批判。企業は原状復帰の責任も負わないだなんて!

4月24日

あと一歩、池田まきさん大善戦! 具体的な分析は今後としますが、市民と野党の共同で安倍政権を追い込んだ事実は確信にすべきだと思います。候補を取り下げた橋本みかさんも、池田まきさんも本当におつかれさまでした。希望の道は開かれたのですよ!

4月23日

4月23日明日が投開票日の衆院道5区補選。写真のとおり民進・共産など野党での共同応援演説を札幌市内で! 池田まきさんもラストスパート、市民と野党の共闘で勝利まであと一息です。

4月22日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

野党4党共同で、畜産農家の収入補てんとなる通称マルキン拡充法案を提出しました。戦争法廃止法案はじめ、厚労委員会で共同提案が続き、次々と一致点での行動を広げています。TPP特別委員会は次週の日程が決まらず。山場に差し掛かってきました。

4月21日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は農林水産委員会でTPPについて牛肉のセーフガードなどを質問。発動するほど輸入が進んだときには牛肉自給率15%で、すでに畜産は崩壊状況ではないのかと。政府は経営支援策を強化するばかり。これでは不安は消えない!

4月20日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼と夜と、国会前では抗議集会が続いています。TPPはもちろん、安倍政権の暴走全体に対する怒りは強い。障害者支援などで北海道から要請に見えられた方とは、しばし懇談。やるべき課題は多い。がんばりますね。

4月19日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

農産物5項目は「無傷」なものなし――森山大臣の答弁に委員会室がどよめき。とはいえ政府は「『例外』を確保できた」と言うので、私からは「その『例外』もすぐ協議対象」と問うと石原大臣は認めました。これで本当に日本の農産物を守れたと言うのでしょうか。

4月18日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

政府は震災対応優先を!と野党が求めたのに、総理の意向でTPP特別委員会が開会。何を考えているのか、です。質問に立った私も時間の前半は緊急の震災対応を求め、TPPは尻切れトンボに。がっちり明日も追及します。

4月16日

大きな余震も相次ぎ、国会にいる議員団を中心に政府へ申し入れをおこないました。現地では、九州ブロック選出の国会議員が先頭に立って現場での実態掌握を急いでいます。政府ができる限りの支援を、迅速に、最大限で!

4月15日

熊本地震の被害が明らかになってきて、今日のTPP特別委員会は月曜へと延期になりました。政府が震災対応を優先できるようにするためです。質問の機会も再び延期となりましたが、今は人命優先・震災対応優先です。

4月14日

夜分に熊本県での大きな地震が発生。被害の状況が心配になります。TPP特別委員会が明日、開かれる予定になっていますが、さて‥‥。

4月13日

4月13日TPP特別委員会の空転で、全国的に止まっていた国会も明日の本会議から正常化。TPP特別委も、合わせて動いていく見込みになりました。合わせてのタイミングで、友人が作成したSTOP TPPのTシャツが到着! うれしいです。

4月12日

4月12日安倍政治を変える、衆院北海道5区補選が告示。池田まきさんは心からの訴え、市民と野党も「必ず勝つ!」と力強い共同を示した1日。戦争法の廃止、立憲主義の回復という大きな争点を前に、力がみなぎります。

4月11日

第5回中央委員会総会にて、政策委員会副責任者となりました。書記局長に小池晃さん、副委員長は山下芳生さん・田村智子さん、政策委員長に藤野保史さん、私と同じく副責任者は宮本徹さん。新しい気持ちががんばります。よろしくお願いします。

4月10日

4月10日衆院道5区補選の告示も間近。千歳市では、鳥越俊太郎さんなどと池田まき予定候補を囲んだ屋外演説会に3700人! 大きな盛り上がりとなってきました。TPP特別委に備えて私は参加できずに残念でしたが、いっしょに力を尽くします!

4月9日

釧路市での演説会。昨日のTPP特別委の空転も詳しく話し、そもそも秘密交渉と原則関税撤廃というTPPの本質がもたらしている問題だと、論戦と世論の力で撤回に追い込もう!と私から強調しました。

4月8日

民進党が、政府答弁と西川委員長の委員会運営に反発して途中退席し、TPP特別委は空転。結局、理事会の再開も16時過ぎとなり「こんな状況で委員会を開くべきでない」と私も理事会で主張。いったい政府の「ていねいな説明」はどこに行ったのか!

4月7日

TPP特別委員会での審議が始まり、今日は自民・公明・民進の各議員の質問のみ。日本共産党は明日、笠井亮議員と私は質問に立ちます。黒塗りの情報公開、西川委員長の著作問題など、すでに荒れ気味の委員会になってきました。

4月6日

今日のTPP特別委員会は5時間遅れて開かれ、趣旨説明のみで終了。遅れた理由は、高鳥内閣府副大臣が民進党のレクに応じず、自分のFBで同僚議員の「励ます会」に参加していたことが発覚して民進が反発。政府に真摯な対応を求めたい。

4月5日

本会議にてTPPの論戦! 笠井議員からは情報公開、政府試算、国会決議との整合性など、政府にただしました。理事懇では甘利・フロマン会談の論点メモが、政府から提出されましたが真っ黒! これで何を議論しろと言うのでしょう。

4月4日

TPP特別委員会を前に、質問の準備も慌ただしくなってきました。明日の本会議では笠井亮議員が登壇・質問しますが、その検討も集団的に。私は理事会対応などもあり、目まぐるしい毎日です。

4月3日

4月3日後援会の決起集会の後、飛行機に乗る前に間に合った! 厚別区でおこなわれた憲法改悪反対共同センターの集会であいさつ。その後のデモでは、民進党の逢坂議員も路上で激励のマイクを握っていたようで思わずびっくり!

4月2日

告示まで10日となった衆院道5区補選。今日は恵庭市と千歳市で、池田まきさんとの合同演説や市民集会があり私も参加しました。民進党は蓮舫議員や松木けんこう議員も駆けつけました。1つ1つ、確実に共同の力は強まっています。

4月1日

TPP特別委員会の理事懇談会に参加しています。日本共産党は議決権がないオブザーバー参加ですが、しっかり言うべきことは言っていきたい。今日も入り口で、政府の情報公開について議論に。甘利前大臣がいないのですから、政府はこれまで以上に公開を進める必要があります。