9月30日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

農家を救え! 農民連のみなさんと、台風被害への対策を求めて交渉に同席しました。今年の経営ばかりでなく、農地復旧が間に合わなければ来年の作付けと収入にも影響が出ます。こういう対策にこそ「政策総動員」を望みたい。

9月29日

今日の答弁を聞いても、それはないだろう!と。参院本会議で、市田忠義副委員長が福島第一原発は凍土壁もできていない実態に触れたのに対し、首相は「汚染水は港湾内にブロックされている」と「コントロール」発言。福島のみなさんは、どう聞いたでしょう。

9月28日

それはないだろう! 日本共産党・志位委員長が、安倍首相に南スーダンの情勢認識を問うた際に「いま起こっていることは内戦ではない」との答弁。本気かと疑いました。PKO参加5原則中の「紛争当事者間の停戦合意」は崩れていますよ。

9月27日

SBS方式による輸入米の、価格偽装疑惑が浮上してきました。業者同士の「調整金」で安く流通していたとなれば、政府が国家管理貿易のもとで「国産米と輸入米は同水準」で流通していた説明が覆ります。全容の解明が、どうしても必要です。

9月26日

第192国会が開会。首相の所信表明中に、自民党議員が総立ちになり拍手で応えるという場面がありました。議長が着席を促していましたが、行政府の長である首相が拍手で同意を促し、立法府もそれに応えるとは。強烈な違和感を覚えました。

9月25日

14479755_639025922927001_5931110450318527995_nカラリと晴れた釧路市で、党と後援会の「青空まつり」。講演の後は、参加されたみなさんとジンギスカンや玉入れなどで交流。青春時代を過ごした地で、当時からあたたかく支えてくださって、本当にありがたいことです。

9月23日

福島県議団と、復興庁などへ申し入れ。国会議員も、岩渕友参議・高橋千鶴子衆議はじめ7人で臨みました。私も北海道へ避難された方から聞いた声をもとに、住宅支援の必要性を強調。本当に「原発事故さえなければ」との思いに駆られます。

9月22日

14409491_522387331293499_5130241709425381335_o久しぶりに岩見沢市へ。南空知憲法共同センターでの情勢報告です。岩見沢駅から会場まで歩きましたが、だんだん秋も進行中だなと。有数の農業地帯である空知管内ですが、今年の収穫はどうなのでしょう。

9月21日

2日間にわたり、党中央委員会総会があり参加。参院選総括と総選挙方針、当面の論戦と運動方針について確認しました。広くて強い草の根の力を、さらに大きくしよう!とも話し合いました。多くの方に日本共産党を知ってもらいたいですね。

9月19日

14292352_1051073158346632_8628354217308226088_n強行可決から1年、あの時の怒りは忘れない! 札幌では1500人が集まる「総がかり」行動があり、私も参加しました。参加者みんなのコールが熱い! 南スーダンへのPKOで任務拡大が迫られるなか、今こそ安保法制=戦争法廃止の声を大きくしなければ。

9月18日

朝からの雨もあがって札幌白石・厚別の党と後援会の「ふれあいまつり」に参加し、記念講演。その後の入党コーナーで60代女性と話をするなか、入党していただくことになりました。地域でがんばる党員さんたちとも、交流を深めました。

9月16日

一連の台風被害が激甚指定されました。まだ第一歩ですし、時間が経つごとに要求も変わるのが被災の特徴です。党としても把握や支援を続けますが、職員減が続いた地方自治体に対して、国が人的支援も含めてさらに対策を強めるべきです。

9月15日

image1岩渕友参議院議員などと、泊原発3号機の調査に入りました。新規制基準のもと2000億円を超える安全対策を講じたと北電は説明。しかし、避難計画はじめ周辺自治体住民からの不安も強い。何より泊原発が動いていなくても、電力は足りているのでは?

9月14日

福島県から避難されている方と懇談。県による住宅補助打ち切りなど中身も問題ですが、必要な情報が避難者に届いていない、よく理解できない状況に置かれていることも課題に。何より安倍政権の「事故は終わった」ように見せる態度こそ問題!

9月13日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国労組合員のみなさんが国会へ見えられ、JR北海道やリニア新幹線、ローカル線廃止問題などで意見交換。口を開けば「金がない」というJR北海道ですが、今こそ問われる公共交通を担う責任。何より国の姿勢が、大元から問われます。

9月12日

kimg1854昆布干場やホタテ養殖にかかわり、水産庁から国の支援策を聞き取るとともに現場の状況や要望を伝えました。激甚災害の指定にしても現地の数字等がまとまってからになるのですが、一刻も復旧と支援が早く進むよう再度求めました。

9月11日

14233057_329513144060336_2593504698333578619_n選挙後に来られずじまいだった小樽市へ、党と後援会の「あおばまつり」に参加。プレゼントされたTシャツの背中には「戦争する国 許さない」と大きくプリント! 間もなく強行可決から1年。廃止へ向けた共同を、さらに前へ。

9月10日

洞爺湖町から森町へ、噴火湾のホタテ養殖被害の調査にまわりました。今年は斃死(へいし)が多いなか、さらに養殖被害を受け、いくら減収になるのか見込みも立ちません。稚貝も確保できなければ、2~3年後がさらに深刻になるのです。

9月9日

1473414334618あまり大きく報じられていませんが、台風による護岸や水産被害も深刻。今日は北海道、新ひだか町へ。何と消波ブロックがゴロゴロと転がり、護岸堤もなぎ倒し。昆布を干す干場(かんば)も流失です。胸が痛みます。

9月8日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

農水省から来年度の概算要求レク。今日も1日、缶詰め状態です。TPP対応として「大規模化によるコスト削減と競争力強化」「海外への日本農産物輸出戦略」なる予算が目立ちます。でも、TPP批准しなかったらどうなるの?

9月7日

党国会議員団で、1泊2日の研修会をおこないました。私からはTPPについて、論戦の到達点と臨時国会へ向けて報告。久しぶりにガッチリと学ぶことのできた機会でした。

9月6日

crocdqmuaaaqcow各地で聞いた要望も急いで取りまとめ、高橋千鶴子・紙智子・岩渕友の各議員とで松本純防災担当大臣へ台風災害への支援申し入れをおこないました。松本大臣も「相次ぐ被害に心が痛みます。安心した生活を取り戻せるよう全力を尽くします」。

9月3日

14138192_531078283767250_2379216824948747676_oいったん札幌市へ。北区で党と後援会の秋祭りがあり、私から台風被害なども織り交ぜて講演。「3の日」に行動している「アベ政治を許さない」を掲げたスタンディングを、参加のみなさんと一緒におこないました。

9月2日

kimg1835あらためて被害の大きさを痛感です。浸水どころか家まで傾いている南富良野町。JR架線の橋桁が流された新得町。河川敷が200~300mもえぐられた清水町。多数の世帯が浸水した芽室町。まだ断水が続いている町もあります。急いで支援を!

9月1日

1472730075237夕方に北海道・南富良野町へ到着。空知川の決壊で幾寅地区一帯が泥だらけで、まだ水が引いていないところも。まさか牧草ロールまで流れてくるとは! 明日は紙智子参議・真下紀子道議も合流し、本格的に町内をまわります。